HOME > 診療設備

MRI フィリップス社製 Achieva 1.5T

最先端技術を搭載したフィリップス社製の1.5T(テスラ)MRIを導入致しました。MRI検査は、強力な磁石の力を利用して撮影するため、放射線の被爆を受けることなく、高画質の画像で診断を行えます。また、造影剤を使用することなく頭蓋内や頚部の血管を描出することが可能で、当院ではさらに3D画像にてわかりやすく表示致します。

CT 東芝製 Alexion 16列 マルチスライスCT

X線CT装置は、短時間で体内の断面情報を得ることができる検査機器です。今回、当院は最新の16列マルチスライスCTを新しく導入致しました。頭部撮影においては、約1分という短時間で撮影が可能です。また、最新被爆低減機能を搭載し、従来のCT機器と比較して最大で約50%のノイズ低減と、約75%の放射線被爆低減効果を発揮し、医療被爆に対する不安を低減・解消致します。

電子カルテ、画像診断ワークステーション

当院では最新の電子カルテと画像診断システムを導入致しました。これにより、画像処理時間の短縮と同時に、省資源化を行いました。

レントゲン (島津社製 X線)

建物

当院は、建物内外(外部の一部を除く)の全ての照明をLEDとし、省エネルギー化を計っております。